かりんと東京駅前の体験談

料金:4000円 25分ちょい寝プライン(上半身下着+乳首舐めオプション)
:1000円 尻もみオプション
:1000円 レンタルルーム代
合計:6000円

一人東京出張の機会に恵まれた。折角東京に行くのだから、仕事だけでなく東京のお姉さんと文化コミュニケーションを図り、見識を広められたらと遊んで帰ることにした。
風俗遊びの時間を確保する為に、マッハで仕事をこなした。
おかげて15時には仕事が終了。
東京には沢山の風俗店があるようだが、出張者にとってわかりやすい東京駅から近く、サクッと遊べるこの店を選んだ。
コテコテの関西人の小生には東京は右も左もわからない。東京駅から歩いて行けるアクセスの良さに安心感を感じた。
とにかくアクセスが抜群なのだ。
東京八重洲北口を出て、信号を渡ったすぐ先にそば店がある。ここから店に電話をするように公式サイトに書いてある。
電話でコースと女の子の指名の有無、プレイ料金の確認と名前を聞かれる。ラッキーにもすぐに遊べる事になり、すぐにレンタルルームに案内される。
レンタルルームはそば屋の数件隣のビルにあり、電話しながら見える距離にある。

レンタルルームに入ると、競馬が好きが被っていそうなキャップのおじさんが迎えてくれる。名前とプレイ時間を確認すると、券売機に1000円入れて精算をする。部屋番号が書かれたバインダーを受け取り、部屋に入ってから店舗に部屋番号を電話する。
レンタルルームは初めて利用するので何の事がと心配していたが、何の事はなく、ただのヤリ部屋とだ。ベットにシャワー室がある狭い部屋であり、大阪のデリヘルやオナクラで使うホテルとクオリティはなんら変わらない。多少狭いくらいだが、オナクラには十分の広さだ。

10分程度待つと嬢が来た。小柄で美人な顔立ちの嬢である。美人だが背が小さいのでしゃべるとかわいい雰囲気もある。おっぱいは大きくない。Cカップくらいだろうか。
嬢が来てからオプションの有無を決めるシステムなので、胸ではなくも尻を揉むオプションを付ける。+1000円であり良心的な値段設定だと思う。小生は一方的に受け身でシコシコされるのも好きなのだが、オシリをモミモミすることで興奮度の高まりちんぽ硬度が高まると思い気まぐれで付けた。

この店は17時までなら、25分のちょい寝プランが選択できる。ちょい寝プランとは25分で上半身ブラジャーに乳首を舐めてもらうオプションがセットになっている。
今回の嬢はワンピースを着ていたので、スウェット地の半ズボンに着替える事になる。ワンピースの下からスボンを履き、ワンピースを脱がす。嬢のブラジャーがあらわになる。
小生も脱ぐ。パンツ一丁になる。

そのままプレイスタート。ベットに寝そべった小生の乳首をさわさわしてもらう。既に嬢が寝そべって密着してくれている。お尻がモミやすいよう、手がお尻の位置にくるように姿勢をキープしてくれる神対応に感激する。お尻の肌がモチモチすべすべでとても気持ちいい。

さらに乳首舐めで息子が元気になったところでおパンツを脱ぐ。ついにローション手コキのスタートだ。
たまたま、竿、カリをバランスよく攻める。かわいい嬢に密着して寝そべりならがシコシコしてもらうのは、たまらない。息子の硬度が増してゆく。
お尻モニオプションを付けたので、「揉みたいでしょ?」と嬢がお尻を向けて腹の上に座り、存分に揉ませてもらう。もちろんその間にも竿をしっかりシコシコしてくれる。気遣いができて丁寧な仕事ぶりなのだ。
そうこうしていると、残り5分のタイマーが鳴り響く。
フィニッシュは密着寝そべり乳首なめ手コキのフルコースで尽くしてもらう。
発射予告をすると、「うん」とあっさりとした返事。テッシュで受けるのかと思いきや、そのまま手で受け止めてくれてた。
シャワーに入りローションを流す。シャワーを出ると、着替え終えた嬢がバスタオルをすぐに渡してくれた。

最後はしっかりハグしてお別れ、エレベーターまでお迎え。

総評
とにかく駅からのアクセスが良く出張者でも気軽に利用できる立地がいい。
嬢のサービス精神溢れるプレイは大満足だった。1000円の尻モニオプションを付けるだけでそこまで徹底してお尻を揉ませてくれるのかと感激した。
東京駅に立ち寄った際には、またぜひ利用したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です