福岡性感マッサージ倶楽部の体験談

プレイ料金:14000円 60分
ホテル代 :  2000円
合計   :16000円
公式サイト:https://star-group.co.jp/service/kaishun/

先ず、筆者自身の体験になりますが、間もなく40歳半ばになろうとしているのに年甲斐もなくもなく今だに軟式野球をしておりますし、しかもポジションは捕手(キャッチャー)というハードな守備のところになります。
しかし、さすがに7回の一試合プレイするといくら普段から余り練習もしていないので、終わったあとは忽ちにして筋肉痛になります。

そんな時には終わったあとには必ずと言っていいほど、福岡市内にある天然温泉の健康ランドにいくことにしているのです。
筋肉を温泉で温めてからその後に、附属設備の有るリラクゼーションへ行って筋肉をほぐします。

ただ、エステ・マッサージというのは普通のマッサージ店では、チョットと年増のお姐さんが相手ではありますがその時の気分や身体の状態によっては、そしてマッサージする部位によっては余りに気持ちよくなって男性の肝心の部分が元気になってきて、つまり勃起してしまうときもあるのです。

例えば、筆者が時折利用しているのは「エステ・マッサージ」と言われるもので、足、腕、腰、背中、其れに首や肩こりがスッキリするコースで、値段的には40分で5000円程度ですが、柔らかい手でモミモミされると特に太ももあたりのマッサージン時などは男として感じる時もあり、思わず男性自身が勃起してしまうときもあります。

従って、チョット恥ずかしい感じはするのですが、そんな時でも女性はチャント判っているようで、「今日はだいぶ効き目が有るようですね」とかいって、涼しい顔をしていますね。
ただ、此の様な時は男としては逆に性的欲求を思い出してしまい、欲求不満におちいる場合もあるのです。

これは一般論になりますが、エステやマッサージに関しては女性の場合と異なって男性の場合は二通りの癒しの仕方が有るようですね。
其れは、男性向けの所謂、メンズエステやマッサージなどというもので性的処理を伴う風俗関係のマッサージということにもなるようです。

性的処理を伴う風俗関係のマッサージとされるものは、マッサージそのものは一般のものと殆ど変わりはないでしょうが、終盤には男性特有の「ヌキ」という処理をしてもらうためのマッサージで、男性自身のシンボルをマッサージすることによって、快感を伴いながら性的な処理を行うものです。

前置きが長くなりましたが、そこで先般は給料の後でもあったし懐が暖かかったので思い切って風俗エステというところへ行ってみたのです。
チャンとした名前は性感エステとか言うらしいですけど、ネットで調べて福岡市内の中洲に近いところでチョット雰囲気の良さそうな「福岡性感マッサージ倶楽部」というお店にスマホで連絡してみたのです。

この店は若いお相手の女性がトップレスなどのチョットエッチな姿で、基本の性感マッサージを時間いっぱいジラシながら、男性の性感が最大限に高まったところで、最後に手コキマッサージをで射精してくれるという、エッチマッサージ店なのです。
料金的には60分で16000円ということでした。

予約しておいて待ち合わせの場所に現れた女性は「ももか」という名前のふっくらタイプの女の子でです。ラブ部屋に入場して早速、女性は上着を脱いで透き通るようなスリップ一枚の姿になったのでした。

さて、私は当然ながら素っ裸にさせられてベットへ横にさせられると、アロマオイルをさっぱりと塗られて全身マッサージが始まったのです。
そんなに上手とは言い難いが、優しく丁寧なのが良かったですね。
始めはうつ伏せで全身を指圧のようにおこない、女の柔らかな指先が何ともいい気持なのである。
次に、仰向けになると恥ずかしい部分も正気を取り戻し、勝手にムクムク動きはじまる。
女は承知で「遠慮しなくていいのよ」と言って、優しく気を使いながら撫でてくれる。

女の器用な指先が上半身から、本格的に下半身へ、そして愈々性感部分の手コキに入るのです。
「お兄さんのお好みはどんなの」といって、あれこれ仕草をしてくれる。
「もっと我慢できそう・・?」、ここまでくると懸命に堪えるのですが。

思わず、「キミとエッチしたいなあ」、「それはだめよ」といわれながらも、体をあずけて軽くキスをしながら頬よ寄せてくれる。
「そろそろ行きましょうか」、「うん、いいよ」というと、急に動きが激しくなって、そして体に熱いものが走ったかと思ったら、息子から一気にほとばしった。
「あーら、一杯出て、さっぱりしたようね」と言って、全身を抱き寄せてくれたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です